商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
A商品の在庫があるものに関しましてはご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。また銀行振込を選択されたお客様は入金確認後2〜3営業日以内の発送となります。

配送について

Q配送業者はどこですか
A<配送について> ヤマト運輸にて商品配送を行っています。発送のタイミングで配送業者が変更となる場合がございます。 あらかじめご了承ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

交換・返品・返金およびキャンセルについて

Q注文をキャンセルしたい
A原則、商品出荷後のキャンセルはお受けできません。また、商品出荷前のキャンセルにつきまして、入金・お支払い完了後のキャンセルにつきましては、返金の際に発生する手数料はお客様負担とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換・返品したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による返品・交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。 コーヒー豆につきまして 食品のため、商品が異なる場合であっても商品開封後の返品・返金はお受けできかねます。ご了承ください。万が一ご注文された商品と異なる場合は、必ず開封前にご連絡ください。

2019/08/25 17:17



Coffee Supremeとして初となる、パシフィックアイランドからの豆、バヌアツのタンナ島から単一産地のピーベリーを発売します!ピーベリとは、コーヒーの木の実から作られた種子(または豆)が1つだけであることを意味します。通常、コーヒーの果実(またはチェリー)は平らな対面で成長する2つの種子を含みます。ピーベリーはコーヒーチェリーの中に単独で存在するため、結果として強い豆になり、高い栄養分を含むことにより、より良い風味になるとも言われています。おそらくそれは間違っていないと思いますが、今回私たちが太平洋諸島から初めて仕入れたコーヒーが特別なものであるという理由は他にも沢山あります。


タンナ島にはコーヒーに関する豊富な歴史があり、160年もの間コーヒー栽培をこの島の有機性火山土で行っていました。また、コーヒーの生産はこの島に住む人々の生活の主要な源の一つです。Mt Yasurは太平洋で数少ない活火山の1つで、タンナに豊富な日光と降雨、優れた排水性を兼ね備えた土壌があり、コーヒーを栽培するのに最適な場所の1つです。


2015年3月、台風パム号によりバヌアツは破壊されました。バヌアツの南の島の1つであるタンナ島単体でも、330,000本のコーヒーの木が破壊され、ほぼすべてのコーヒー収穫量と将来の生産能力と収入が失われました。その時からニュージーランドのコーヒーバイヤーであるフレーザーが行ってきた救済サポートが、4年後の今こうしてタンナ島からコーヒー豆を購入するまでに至ったのです。





Fraser Lovell へQ&A


Q:タンナ島のコーヒーについて、いつどのようにして連絡をとりましたか。


Fraser:以前、コーヒーチェリーから生豆の状態にするための精製機械を、教育資材として輸入したことがあったんです。当時、コーヒーの起源についての知識はほとんどなかったので、これはしばらくの間有用なツールでしたが、使用をやめたとき、それを有効に使いたいと思いタンナのタラオ協同組合に寄付するという考えを思いつきました。


残念ながら、これはうまくいきませんでしたが、バヌアツに本拠を置くコミュニティ開発組織であるナシ・トゥアンと直接関係のある地元の慈善団体であるティアファンドのアンドリュー・フィンリーと繋がることができました。ナシ・トゥアンは農家に苗木と道具を提供し、台風パム号で被害にあったコーヒー農園を再植樹できるようにしました。アンドリューはとても熱心で気さくな男で、2016年頃から私にコーヒーサンプルを送ってくれるようになりました。


Q:すぐにそのコーヒーを購入したいとは思わなかったのはなぜ?


Fraser:品質がそれほど良くなかったんです。ただ、見込みがあると感じたんです。私は毎シーズン送られてくるコーヒーをカッピングし、採点、そしてフィードバックをしていました。私は彼らが何にフォーカスして改善していくべきなのか。乾燥や発酵がどのように制御されているかなどの提案をするようになったのです。アンドリューとのこのやり取りを通して、色々なことがわかったんです。たとえば生豆が簡単な防水シートが張られただけの完全にさらされた状態で海面近くに保管されていたため、水分レベルが非常に高かったことなど。のちに、水密貯蔵施設が建設され、その費用はニュージーランド政府の資金で支払われました。


Q:彼らが栽培している品種はカティモールだと思いますが、それについて教えてください。


Fraser:そうですね、カティモールは1959年にポルトガルで開発された品種です。科学者たちは、高収量、高い病害抵抗性と小さな植物サイズの魔法のような式を探していました。この品種は、ティモールハイブリッド(ロブスタの遺伝的根によるコーヒー葉さび病に耐性)とカトゥーラのハイブリッドです。私は長年にわたってかなりの数のカティモールを試してきました。カティモールは正しい条件下において栽培すれば、素晴らしいコーヒーを作り出すことができます。ただ、それはタンナよりも低い高度に適しています。


Q:そして今回、彼らのコーヒーを輸入することにしたのは、それは品質があなたの求めるものに達したという理由だけでですか?


Fraser:私たちがコーヒーを仕入れるのは品質だけではありません。確かに求めている品質を満たしましたが、これはとても興味深いコーヒーであり、素晴らしいストーリーのあるコーヒーなんです。彼らが3シーズンにわたってしてきた進歩は称賛に値します。私たちは今まで26年間、太平洋諸島からのコーヒーを提供したことはありませんし、これほど低い高度で栽培されたコーヒーも提供したことがありません。このコーヒーはそのボディーから、特にエスプレッソに適したコーヒーといえるでしょう。今後も引き続きコーヒーの品質が向上し、彼らの豆がより多く流通することを祈っています。


Q:農家はコーヒー収穫からの収入のみに依存していますか?


Fraser:幸い、ナシ・トゥアンには先見性があり、同時にピーナッツの苗を栽培しています。ピーナッツはコーヒー豆よりもはるかに速く成長するため、農民がコーヒーの木の成長を待つ間の収入を埋めるのに役立ちます。代替作物は収穫間期の収入も意味します。私たちはコーヒーのローストと一緒に提供するためにピーナッツを輸入しようとしましたが、貿易管理制度の要件が厳しく断念せざるを得ませんでした。ニュージーランドでもピーナッツ作物の市場があるかも?シングルオリジンピーナッツバター?そこにも未来があるかもしれません!


このバヌアツ、タンナ島、Talaoはエスプレッソ用にローストされており、ダークチョコレート、スギ、そして砂糖漬けの柑橘類香りが特徴の滑らかで豪華なボディを持ったコーヒーです。